悪玉コレステロール減らすサプリ

悪玉コレステロールを減らすサプリメントならこれ!

悪玉コレステロールを減らすサプリメントならこれ!

悪玉コレステロールを下げるには、生活習慣の見直しと食生活の改善が必要です。

 

でも、食生活の改善といってもどうしたらいいかわからない人も多いですよね。

 

このサイトでは、コレステロールが気になる人のために、サプリメントをランキング形式でご紹介します。

 

参考にしてみて下さいね。

 

MIYABI -みやび- DHA&EPAオメガプラス

 

 

みやび

 

みやびのDHA・EPAの公式サイトはこちら

 

  • DHAやEPAを、低価格で続やすい商品として発売!
  • DHA・EPA・亜麻仁油・スクワレン・オリーブスクワレン・クリルオイル・アスタキサンチンを配合
  • 進化したDHAを是非一度お試しください!

 

 

価格

通常価格1,851円→定期コースなら1,666円

内容量

480mg×120粒

備考

定期コースは1回受け取っただけで解約できます。

 

MIYABI -みやび- DHA&EPAオメガプラス の総評

 

厚生労働省は、DHA・EPAを1日に1,000mg以上摂る事を推奨しています。

 

ですが、なんと30代で一日の目安量の3割程度しか摂取できていない現状です。

 

みやびでは、不足しがちな栄養成分のDHAやEPAお手軽をはじめ、オメガ3系脂肪酸を含む亜麻仁油、吸収しやすいクリルオイルを配合。

 

100円当り含有量はなんと業界最高レベルの665mg。

 

オメガ3系脂肪酸の総量では、驚きの738mg。

 

進化したDHAを是非一度お試しください。

 

 

みやびのDHA・EPAの公式サイトはこちら

 

 

 

 

 

 

ルックルックDHA・EPAプレミアム

 

 

DHA・EPAプレミアム

 

サラサラサプリなら、DHA EPAプレミアム!公式サイトはこちら

 

  • 特許製法で鮮度と実感力が違う!
  • ルックルックDHA・EPAプレミアムの最大の特徴は、魚油の品質の高さ!
  • 特殊なハードカプセルで身体の中ですばやく溶け、身体に素早く吸収されます!

 

 

価格

毎月1袋の定期コースなら2,160円(税込)

内容量

93粒

備考

定期コースは1回受け取っただけで解約できます。

 

ルックルックDHA・EPAプレミアムの総評

 

ルックルックDHA・EPAプレミアムの最大の特徴は、魚油の品質の高さです。

 

原料は日本(静岡県)で水揚げされた、刺身用の天然ビンチョウマグロの頭部を100%使用!

 

さらに、特許製法ハイブリッド抽出にて魚油を抽出しているため、鮮度が保たれます。

 

天然マグロに本来含まれる、ビタミンEが豊富に残っているため、無添加で新鮮な魚油になりました。

 

その最高品質の魚油を身体に吸収されやすくするため、特殊なハードカプセル『リキャップス』に閉じ込めました。

 

リキャップスは身体の中ですばやく溶け、乳化処理された魚油が身体に素早く吸収されます。

 

その品質の高さで低価格を実現したルックルックDHA・EPAプレミアム。

 

一度試してみたいですね。

 

 

サラサラサプリなら、DHA EPAプレミアム!公式サイトはこちら

 

 

 

 

 

オメガ3-DHA&EPA&アルファリノレン酸サプリ

 

 

オメガ3-DHA&EPA&アルファリノレン酸

 

安くできるのには理由がある!初回100円で始める「オメガ3」の公式サイトはこちら

 

  • 青魚が苦手な方や冴えある毎日を過ごしたい方におすすめの「DHA」「EPA」「αリノレン酸」を配合したサプリメント
  • 食事から摂取しなければならない必須脂肪酸でサラサラに!
  • 集中力が気になる方や健康サイクルに有用とされ、仕事や勉強など考えることが多い方にもおすすめ

 

 

価格

たっぷり30日分通常価格540円→トライアル価格100円(税込)

内容量

370mg×30カプセル

備考

先着100名様のコースです

 

オメガ3-DHA&EPA&アルファリノレン酸の総評

 

青魚が苦手な方や冴えある毎日を過ごしたい方におすすめの「DHA」「EPA」「αリノレン酸」を配合したサプリメントです。

 

青魚などに多く含まれる不飽和脂肪酸である、DHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)、亜麻仁油に含まれるALA(αリノレン酸)はオメガ3系脂肪酸と呼ばれるサラサラ成分。

 

人が体内で十分につくることが出来ないため、食事から摂取しなければならない必須脂肪酸なんです。

 

オメガ3系脂肪酸は、集中力が気になる方や健康サイクルに有用とされ、仕事や勉強など考えることが多い方におすすめです。

 

プラス成分として、トコフェロールと呼ばれ、年齢による美容トラブルや健康トラブルに働くビタミンEを配合しました。

 

 

安くできるのには理由がある!初回100円で始める「オメガ3」の公式サイトはこちら

 

 

 

 

悪玉コレステロールとは?

 

私達は、体内の中にそれぞれ、悪玉コレステロール(LDL)と善玉コレステロールを持っています。

 

善玉コレステロールというのは、体内にあっても問題ありません。

 

悪玉コレステロール(LDL)は、体内で増えてしまうと、大きな問題となってきます。

 

数値が高いというが分かったら、普段の生活を見直し、悪玉コレステロール(LDL)を減らしていく努力をしましょう。

 

早めに行動する事で、深刻な病気を避ける事ができます。

 

悪玉コレステロール(LDL)が多い方は、心筋梗塞や脳梗塞、心臓病、狭心症になる確率が高くなります。

 

これらは、高脂血症や動脈硬化がおもな原因ですが、悪玉コレステロール(LDL)が起因してることが多いんです。

 

たとえば、動脈硬化になると、血栓ができて血液が正常に心臓に送り込まれなくなってしまいます。

 

心臓の冠動脈や、肝静脈、脳に血液が行き渡らなくなってしまうと、命に危険が及びます。

 

場合によっては、発作が起こり、意識を失ってしまう事も。

 

中にはそのまま意識が戻らなくなってしまう人もいるくらい、危険な状態なのです。

 

このような状態を避けるためにも、悪玉コレステロール値は、下げていくようにしていかなければなりません。

 

悪玉コレステロールの値を下げるには、生活習慣の見直しと食生活の改善が必要となります。

 

悪玉コレステロールの適切な範囲とは

 

悪玉コレストロール(LDL)が、健康診断などで指摘された場合は、適切な範囲内に収まるように、生活習慣や食生活を改善しなくてはなりません。

 

LDLコレステロール値の計算

 

LDLコレステロール値=総コレステロール値−(中性脂肪値÷5)−HDLコレステロール値

 

中性脂肪数値が400mg/dl以下であることが条件となります。

 

悪玉コレストロール(LDL)の数値
基準値   :「60〜119mg/dL」:健康
警告値   :「120〜139mg/d」:値を下げる対策必要
異常値   :「140mg/dl以上」:病院で診察・治療必要

 

悪玉コレストロール(LDL)の健康診断結果で値が高い場合、脂質異常症、高血圧、動脈硬化、糖尿病、腎臓疾患、甲状腺機能低下症、心疾患などが疑われます。

 

「脂質異常症」とは、血液がドロドロの状態になっている状態で、動脈硬化や高血圧が進行している状況です。

 

数値が120〜139mg/dlの人は、早急に、食生活の改善、程度な運動、節酒、禁煙など、悪玉コレストロールを下げる方法を取り入れる必要があります。

 

さらに、140mg/dl以上になると病院で薬を処方してもらうレベルです。

 

200mg/dlを超えてくると、血流が突然詰まる心筋梗塞や脳梗塞が起こるリスクが高まります。

 

すぐに病院での治療が必要です。

 

悪玉コレストロールを下げる方法とは

 

食生活の改善、程度な運動、禁酒、禁煙など、悪玉コレストロールを下げる方法を成果に取り入れる必要があります。

 

食生活の改善

 

  • 糖質・脂質過多の食事をしない
  • 多量の飲酒 をしない
  • 青魚(DHA・EPA)を食べる
  • オメガ3系の食品(アマニオイル、ナッツ等)を食べる
  • 水溶性食物繊維(野菜、芋、豆等)の食品を食べる
  • 抗酸化食品(そば、緑茶、大豆、ウコン等)を食べる

 

食品から定期的に摂るのが難しいDHA・EPAなどは、オメガ3系のサプリを飲むのがオススメです。

 

適度な運動

 

ウォーキングなどの有酸素運動を行いましょう。

 

禁煙をする

 

タバコは、悪玉コレストロールを上げるだけではなく、身体に良くはありません。

 

電子タバコなら、タバコほど害はないので、電子タバコをオススメします。

 

ストレスをためない

 

過度のストレスは万病の元です。

 

ストレスをためない生活を心がけましょう。

 

青魚のDHAとEPAが悪玉コレステロール値を下げる?

 

コレステロール値を下げる食品と言えば青魚に含まれるDHAとEPAです。

 

最近ではテレビの健康番組で血液サラサラ成分として取り上げられる機会も多いですね。

 

DHAとEPAはサンマやイワシ、アジ、マグロなどの青魚に多く含まれる成分です。

 

悪玉コレステロールを減らすサプリメントならこれ!

 

必須脂肪酸と言われ体内では作り出せないので食べ物から摂取しましょう。

 

DHA・EPAは、悪玉コレステロールを(LDL)を減らし、善玉コレステロール(HDL)を増やす働きをします。

 

また、肝臓での中性脂肪の合成を押さえる働きがあります。

 

さらに血液をサラサラにする効果まであるので、まさにコレステロールや中性脂肪に悩む人にとってはありがたい成分ですね。

 

DHAとEPAは1日どれくらい摂取すればいい?

 

厚生労働省でも健康の維持増進のために1日に1000mg以上の摂取を推奨しています。

 

ただ、ほとんどの人が1000mg取れていないのが現状です。

 

魚を多く食べるようになる50代以上の人でも600mg〜700mg程度です。(厚生労働省 日本人の食事摂取基準 2010年版)

 

意識して積極的に摂るようにしてしましょう。

 

ただ、毎日青魚を食べるのも難しいですし、毎日摂取するのは難しいですよね。

 

そんな人には、サプリメントがオススメです。

 

悪玉コレステロールを減らすサプリメントならこれ!

 

コレステロール対策は長期戦。

 

無理せずDHA・EPAのサプリメントを併用するのが一番良い方法です。

ホーム RSS購読